できる事とできない事は?


マーケティングオートメーションSATORIにもできる事とできない事があります。
まずは、

「できない事」の一番大きい事


自社Webサイトへの誘導が出来ません。
自社サイトに接点のない「誰か」にはどうにかして、御社Webサイトへ来て頂く施策が必要です。一般的な手法として、「Googlel広告」などのウェブ広告や「Facebook、instagram」などのSNS広告があります。また費用が一気にかかりますが、マス広告や交通広告が挙げられます。

また、展示会などへの出展も「誰か」へのアピールとしては効果があります。名刺交換に至らなくても、ブースのPR力でイメージづけ出来れば「その場検索」でコソッとWebサイトへ来てもらえるかもしれません。

誰も見ていないWebサイトではMAも手出しができません。各種集客施策の企画制作運営は一向社のプロモーショナルマーケティング=「プロマケpowered by SATORI 」をご利用ください。

【プロマケ】に関するお問い合わせはコチラ!


凄い!SATORI “2つの機能”


「できる事」の中で、“凄い!”と思って頂ける機能を2つご紹介します。

1つ目 「誰か」へのアプローチ


1つ目は「誰か」へのアプローチが可能です。
例えば、御社Webサイト上のキラーコンテンツ(「事例紹介」「他社比較」「価格表」)を見た「誰か」に「特別キャンペーンサイトはこちら」と誘導を促すPOPUPを出すことが出来ます。それを見た「誰か」は思わずクリックしてしまうでしょう。

さらに、「特別クーポンはこちら」と表示させることで、メールアドレス&名前を入手できます。これでもう「誰か」ではなく、「A社のBさん」になります。その場でコンバージョン(お問い合わせや購入)に至らなくても、今後は「A社のBさん」へアプローチができます。しかも「A社のBさん」が『匿名の「誰か」』であった時の閲覧履歴もしっかり紐付けできるので、商談対応も幅が広がります。

2つ目 実名化した後のアプローチ


2つ目は「誰か→A社のBさん」と実名化した後のアプローチです。
メールアドレスを入力いただいた「A社のBさん」には色々な情報を提供できます。「新商品のお知らせ」「展示会出展のお知らせ」「セミナーのお知らせ」「タッチ&トライの開催日」など様々なメール配信が可能です。

提供した情報の反応度合いを計測して、「A社のBさん」が「ホット」な状態になったその時に、御社営業担当へ「通知メール」の発信します。または、テレアポイントの代行でアポどりした「日時と場所」を御社営業担当へご連絡も可能です。

これらのフローを全てオートメーション化する事が可能です。ただ、少しだけネックがあり、これらの「シナリオ作成」「クリエイティブ作成」「リード管理」「テレアポ手配」は自社で行う必要があります。

マーケティングオートメーションSATORIを導入したいが、「運用できるかが不安」とお考えの方はぜひ、一向社のプロモーショナルマーケティング=「プロマケpowered by SATORI 」をご利用ください。