【ビビッとわかる!Web広告講座】
Web広告のしくみ《Web広告の課金方法編》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web広告の運用でお悩みの担当者様へ
前回に引き続きWebマーケティングを成功に導くポイントをお伝えします。

新型コロナウイルス(Covid-19)感染拡大を受けた巣ごもり需要が追い風となりWeb広告費の伸びは通販やオンラインイベントなどの利用増加が後押しとなり、マス広告に匹敵する広告規模に成長しました。

※データ出典:株式会社電通 2020年 日本の広告費

Web広告の利用は年々増加しており、電通の調査によると2020年の日本国内広告全体に対する広告比率はマスコミ4媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)広告費の比率が36.6%に対し、Web広告費は36.2%と、かつてのマスコミ4媒体広告費用の比率に迫る勢いで伸びてきています。
このように広告費全体に対するWeb広告の割合は増加しており、広告にはさまざまな種類があるためWebを利用したマーケティングが非常に注目されています。
Web広告にはさまざまな種類がありますがそれだけ課金の仕組みも数多く存在します。どの広告にいくら出稿すればいいのかわかりませんよね?そこで今回はWeb広告の課金方法の種類と特徴などをわかりやすく紹介します!

Web広告とマス広告の違い


Web広告とは、その名の通りWeb上に出稿する広告のことです。Web広告の中には「リスティング広告」や「動画広告」「SNS広告」などさまざまな形式があり、課金形態はそれぞれ異なります。一方、マス広告は、マスメディアという媒体を通して掲載される従来型の広告のことを指します。たとえばテレビCMはテレビの電波を通して放送されている広告です。その他新聞や雑誌、ラジオもマス広告に分類されます。Web広告とマス広告の大きな違いは、デジタル化された媒体・非デジタル化された媒体に掲載されているかどうかという点です。

Web広告の課金方法


Web広告の課金方式について紹介します。配信する媒体やメニュー、戦略などによっても異なりますが課金方式は大きく以下の8種類となっています。

クリック課金(CPC)


一番馴染みのある課金方法でユーザーが広告をクリックするごとに費用が発生する課金方式です。CPC(Cost Per Click)広告とも呼ばれます。
広告の掲載回数を問わず、ユーザーが広告をクリックしリンク先のサイトを訪れた際に費用が発生する仕組みです。また、そのクリックによるサイト流入で広告費が発生するので、わかりやすく費用対効果を分析することができます。
例:リスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告、ネイティブ広告、SNS広告

インプレッション課金(CPM)


広告が表示された回数分の費用が発生する課金方式です。CPM(Cost Per Mille)広告とも呼ばれます。
インプレッション=「表示」に対して課金されるのがインプレッション課金です。
クリックされなくても広告費がかかってしまうので、クリックされるように工夫して広告を制作することが必要です。
例:ディスプレイ広告、SNS広告、リターゲティング広告、デジタル音声広告

エンゲージメント課金(CPE)


「エンゲージメント」とは企業自体や商品やブランドなどに対する消費者の深い関係性のことで「クリック」や「シェア」「いいね」などあらかじめ設定したユーザーの行動があった場合に費用が発生する課金方式です。CPE(Cost Per Engagement)とも呼ばれます。
既存ユーザーの場合は「コミュニケーションを深めたい」、新規ユーザーの場合は「興味を持ってもらいたい」など、広告に対しての様々な反応が含まれます。
例:リスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告、ネイティブ広告、SNS広告、アフィリエイト広告、リワード広告

成果報酬課金(PPA)


「購入」や「登録」などコンバージョンする毎に費用が発生する課金方式です。PPA(Pay Per Action)広告とも呼ばれます。
例えば、「購入1回につき1,000円を報酬として支払う」と取り決めをした上で広告配信を行うものです。比較的予算コントロールがしやすく成果が出ないと広告費が発生しない事がメリットです。(成果が出ないのに広告費だけかかるという無駄はありません。)
例:アフィリエイト広告、リワード広告

広告視聴単価型課金(CPV)


視聴課金型には2種類の課金形態があります。基本は動画が視聴された回数分、費用が発生する課金方式です。CPV(Cost Per View)広告とも呼ばれ動画広告1再生ごとに課金されます。(YouTubeのTrueView広告では動画広告が30秒未満の場合は、最後まで視聴されなければ課金対象にはなりません。)
他に、CPCV(Cost per Completed View)広告と呼ばれる最後まで再生されたときのみに課金される仕組みもあります。
例:動画広告

期間保証型(CPD)


一定期間の広告掲載を保証し、期間ごとに料金が発生します。CPD(Cost Per Day)とも呼ばれ、主に純広告で採用されている方式です。
例えば、あるサイトのトップの広告枠に1か月間広告を出す。これが掲載期間保証型です。金額はどれくらいの期間広告を出すかで変動します。またクリックをされてもされなくても、広告がどれだけ表示されても、逆にされなくても、固定の金額を支払うことになります。
例:Yahoo!JAPANブランドパネル

配信数型課金


配信した回数分、費用が発生する課金方式です。
配信先が多いほど広告費も比例して高くなります。
例:メールマガジン広告

ページビュー保証型課金


契約したページビュー(PV)数に達するまで広告が掲載される仕組みです。期間中に契約ページビュー(PV)数に満たない場合は、広告掲載期間を延長します。 
例えば「1万回表示されるまで」と契約している場合、ページが1万回表示された段階で掲載期間が終了します。
例:ポータルサイトなどの広告枠

忙しくてWeb広告の出稿が回らないという方へ


どのWeb広告にいくら出稿すれば効果が良いか?その広告の効果測定をレポートは大変だ!と思われているWeb担当者の方もいらっしゃるかと思います。
弊社では「Webマーケティング支援サービス」など取り扱っております。そのサポートではGoogle広告などの出稿や各種設定サポート、毎週の効果測定分析のレポートなどサービス内容に含まれているので初心者の方でも安心です。
気になる方はまずはお問合せください!

気になる方はまずはお問合せください!
ご相談・お問い合わせはコチラ!

この記事を書いた人

営業部 エヌPROFILE
生まれも育ちも神戸の「とくれん」大好き神戸っ子。
2015年から一向社にて主にお客様とのやり取りを中心にクリエイティブな提案など業務としてます。
様々な広告に関する企画、ディレクション、リサーチ、プロモーション、いつも新しいことを探し、なんでもやってみる性格です。
趣味:
・モータースポーツ:エンジン付いていて動くものなら何でも好き!
・機械いじり:ネジが付いてるものならなんでも分解したい衝動に駆られます。
好きな食べ物:ビーフカレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。