数か月間北枕で寝てみた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。事務員Mです。

以前こんなブログを更新しました。


枕の方角あれこれ



こちらのブログにて、
「風水上、一番安眠できるのは北枕らしい」とまとめました。


というわけで、万年寝つきが悪い事務員M、数か月間北枕で寝てみて検証してみました。




1日目

スッと起きることができた気がする。
お、良いのでは?


2日目

早めに布団に入ってみました。
せっかくなので意識改善です。
枕の影響かは分かりませんが、意識を変えるきっかけになったのは非常に良いこと。


土日

朝、だいたい目覚ましなしでも7時くらいに目覚めていたのが目覚まし無しで11時まで寝られます。(ええ…)
南の窓が遠くなったからかもしれません。



~そこから数か月~


北枕で寝てどうだったかというと…
睡眠に関していくつか変わったことが。

まず、せっかく枕の位置を変えたんだからちゃんと意識をしようと思い、12時には布団に入るようになりました。

あと、純粋に南側の窓が遠くなったので朝日で起こされることがなくなりました。
朝、よく寝れます(いいのか?)

雷がひどい夜も窓が遠くなったので光と音がマシでした。



結論:

朝何時まででも寝られる
休日早起きして何かしようと思っている方々、お気をつけて。




(なんだこの結論)



~それはそれとして~


睡眠といえば、以前こんなブログも投稿しました。

同じ悪夢を見ないためにできること


こちらは何度も同じ悪夢を見てしまうのを回避したい、というブログです。

この中で、同じ悪夢を見る原因の一つとして「同じ寝具で寝ている」と上げました。
それを裏付けるエピソードが一つ。


先日実家に帰省し、実家に住んでいたころと同じ部屋、同じ寝具で眠りにつきました。

すると…


何回も見るんです!!
実家に暮らしていた時に在職していた昔の職場の夢を!!



自分が証人になりました。同じ寝具で寝るというものは同じ悪夢を見るという点においてかなり有力です。



お困りの方は寝具を一新しましょう。



以上、ここ最近の睡眠についてのまとめでした。
☆事務員Mの安眠を目指す戦いはまだまだ続く────



~終わり~





この記事を書いた人

事務員MPROFILE
事務員M

事務員をしています。会社が円滑に動くよう裏からサポートしています。業務効率化を目指して日々創意工夫中。

ほんわかした絵や似顔絵が得意です。社内でちょこちょこ素材増産中。

趣味はオタ活。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加