伝統色の名前で画像検索してみた【紫系編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズも6回目、今回の色は「紫」。虹の七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)のうち、光の波長が最も短い。これより波長が短いものが紫外線です。
「色の手帳」に掲載されている紫系の色の名前を10色ほど選んで、Googleの画像検索してみました。紫紺、茄子紺、勿忘草色、薄花桜、桔梗色、藤色、菖蒲色、菫色、パンジー、ラベンダーの関連ワードに注目しつつご紹介します。
※紹介しているWebカラーは近似色で、断定色ではありません。

(サムネイルに使用している画像は123RFの「富士山と日没時間、大石公園河口湖、日本のカラフルな空とラベンダーガーデン」です。英語の紹介文は: Fuji mountain and lavender garden with colourful sky at sunset time, oishi park, kawaguchiko, japan )


紫紺・紫根(しこん)
ムラサキソウ(紫草)の根のような色。紫根とも書かれ、「紫紺」は明治以降の用字です。紫紺といえば春のセンバツ甲子園の優勝旗の色。ちなみに夏の甲子園は大深紅旗と呼ばれます。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#460E44」で紹介されています。
(関連トップ3:名前、こん、扇子)


茄子紺(なすこん)
ナス(茄子)の果実の色のような紺色。ナスはナス科の一年草。重要な果実として古くから栽培されています。紫紺より後で一般化した名前だが紫紺と同じように用いられることが多い。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#451F49」で紹介されています。
(関連トップ3:江戸小紋、極鮫小紋、灰色)「小紋」は着物の基本柄です。


勿忘草色(わすれなぐさいろ)
ワスレナグサの花のような色。紫色系に括られていますが、うすい青。ワスレナグサはムラサキ科の多年草。ヨーロッパ原産で、観賞用に栽培されています。春から夏にかけて青紫色小花を多数集めて付ける。英名の「Forget me not」を訳した名前で、尾崎豊の曲名にもあるのでカラオケで歌えます(笑)
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#7BBFEA」で紹介されています。
(関連トップ3:花言葉、わすれな、忘草色)「勿」を抜いて検索しても予測変換で出てくれるのがAIですね。ちなみに「勿」は「なかれ」「してはならない」という意味の禁止の助字です。


薄花桜(うすはなざくら)
紫みの青。うす紅の桜、薄花色。漢字の名前だけ見たら薄ピンクのイメージですが、色見本はパープルっぽいブルーです。なんで?とか思いますが、花色とは縹色(はなだいろ)ともいい、ツユクサを表しているらしい。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#5A79BA」で紹介されています。
(関連トップ3:単衣、胡粉ネイル、ざくら)「胡粉」は白色顔料のひとつです。


桔梗色(ききょういろ)
キキョウ(桔梗)の花のような色。鮮やかな青紫。安時代から愛されていた色名で、青紫の代表的な伝統色。王朝文学にも名前が見られる秋を代表する色だそうです。季節的に外してしまいましたが紫といえばこの色なので選びました。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#624498」で紹介されています。
(関連トップ3:花言葉、植物、伝統色)
桔梗といえば明智光秀の「桔梗紋」は、大河ドラマ「麒麟が来る」でよく出ていました。コロナ禍で撮影が中断したため、2月7日でいよいよ最終回ですねw 光秀の使っていた桔梗紋は「水色桔梗」でしたが。


藤色(ふじいろ)
フジ(藤)の花のような色。淡く青味の紫色で、英色名ではそのままフジの花の色を意味するウィステリア。万葉集にも藤を読んだ歌は数多いが、「藤」の字を持つ藤原家の隆盛に伴って、また藤の旺盛な生命力や豊かな芳香にちなんで、平安時代を中心に高貴な色として愛された。
一向社がある海老江〜野田は野田藤の名所として少し有名です。見頃は4〜5月ごろです。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#AFB4DB」で紹介されています。
(関連トップ3:カラー、切手、配色)


菖蒲色(あやめいろ・しょうぶいろ)
アヤメ(菖蒲)や、ショウブ(菖蒲)やカキツバタ(杜若)の花のような青紫に冴えた赤みを加えた鮮やかな紫色。英名はアイリス。 古くから用いられた色名で、同じ漢字でありながら、あやめとしょうぶではだいぶ色味が違うので、色指定にはカラーチッブが必要です。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#CC7EB1(あやめいろ)、#674196(しょうぶいろ)」で紹介されています。
(関連トップ3:春の、スタンプパッド、配色)


菫色(すみれいろ/バイオレット)
スミレ(菫)の花のような色。スミレはスミレ科の多年草で、各地の山野に生え、早春、紅紫色の花を横向きに一つずつ開く。やっと季節感のある花にあいました(笑)
バイオレットはパープルと同等なぐらい紫の
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#7058A3」で紹介されています。
(関連トップ3:ガチャガチャガシャポン、ガチャポンガチャガチャ、切手)ん?なんだこの関連は?絵具のカプセルトイがあるようで?


パンジー(Pansy)
パンジーの花のような濃い青紫色。パンジーは三色菫(さんしょくすみれ/さんしきすみれ)で、春から夏にかけて、紫、白、黄などの色の大型の花を開く。ヨーロッパではハーツィーズ(Hertsease)と呼ばれる事もある。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#4D4398」で紹介されています。
(関連トップ3:花言葉、とら屋、塗り絵)「とら屋」は苗を販売する会社です。


ラベンダー(Lavender)
ラベンダーの花のような灰みの青みをおびた紫色です。ラベンダーは鮮やかな紫色と心地よい香りが魅力のハーブです。木本性ですが、草花として扱われることが多く、花壇の植え込みやコンテナ栽培などで楽しまれています。
サイトに上がっている16進数のWEBカラーでは「#C5B3D3」で紹介されています。
(関連トップ3:すみれ色、パープル、ピンク)
赤、茶、黄、緑、青ときて、今回は紫系を独断と偏見で10色選んで紹介してみました。
虹の七色のうち、紫の光の波長が最も短い(380〜430nm)。これより波長が短いものを紫外線いいます。一応このシリーズは今回で最終回とします。

ご清聴ありがとうございました。

この記事を書いた人

ターニャPROFILE
グラフィックデザイナーを目指して入った学校ではまだDTPもWEBもない時代。
その後、一向社の制作部に入って数年後に仕事でMacの存在に触れ、会社で初めて使ったツールはMacintosh IIfx(ツーエフエックス)。最初AIのVer.3.0やPSのVer.2.0あたりを必死に学んだ後はなんやかんやで社内では年長者になり、現在もなおツールの進化とアプリの進化にOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)中!(笑)…現在の専門はWEBと映像編集など。
趣味は:野球観戦(甲子園)、モータースポーツ観戦(鈴鹿サーキット)、飲みニケーションw
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。